長女虐待 父親に実刑判決

ことし9月、坂出市で当時1歳5か月だった長女に暴行を加えて意識不明の重体にしたとして、傷害の罪に問われた25歳の父親に対し、高松地方裁判所は「激しい暴力を受けた長女の苦痛は大きく結果は極めて重大だ」として懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

坂出市の西村祐希被告(25)はことし9月、自宅で当時1歳5か月だった長女を布団に投げつけたうえで頭を殴るなどの暴行を加え、呼吸不全や意識障害を伴う回復の見込みのないけがを負わせたとして傷害の罪に問われています。

これまでの裁判で、被告側は起訴された内容を認めたうえで、事件後、女の子を病院に連れて行ったことなどの事情をくむよう求めていました。

6日の判決で高松地方裁判所の濱優子裁判官は「2人分のサイダーを飲んでしまって妻にしかられていた長女が、泣くばかりで謝らなかったという些細な出来事をきっかけに暴行を加えたもので、訳もわからず激しい暴力を受け重篤な傷害を負った長女が受けた苦痛は大きく、結果は極めて重大だ」と指摘しました。

そのうえで、「長女の救命のための行動を取っていることや、犯行を認めて反省の態度を示していることを考慮しても、刑事責任は重い」として懲役5年の求刑に対し、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。