2027年リニア開業断念へ 斉藤国交相・沿線自治体も落胆 

リニア中央新幹線です。3月29日、静岡県が着工を認めていない「リニア中央新幹線」について、JR東海は、2027年の開業を断念する方針を明らかにしました。
JRでは静岡での工事には10年程度かかるとしていて、仮に今すぐ着工できたとしても開業は2034年以降になる計算です。
これについて、斉藤国土交通大臣がきょうの会見で、「開業目標が実現できないことは非常に残念だ」と述べたほか、沿線の自治体などからは落胆の声が上がっています。

リニア中央新幹線を巡っては、静岡県が環境に対する影響が懸念されるなどとして着工を認めていません。
このため、JR東海は、東京・品川と名古屋を結ぶ区間について、去年12月には、「2027年」としてきた開業時期を「2027年以降」に修正していましたが、3月29日の国の専門家の会議の中で、JR東海の丹羽俊介社長が2027年の開業を断念する方針を明らかにしました。
静岡での工事に着手できないまま、工事契約の締結から6年4か月が経過しているためだとしています。
JRでは工期の短縮は難しく、静岡での工事には10年程度かかるとしていて、仮に今すぐ着工できたとしても開業は2034年以降になる計算です。
【国・斉藤国土交通相】
これについて、斉藤国土交通大臣は2日の閣議のあとの記者会見で「リニア中央新幹線は、3大都市圏を1つの圏域とし、日本経済をけん引するなど、重要な意義がある。静岡工区に関連して、2027年の開業目標が実現できないことは非常に残念なことだ」と述べました。
JR東海は静岡での工事には10年程度かかるとしていて、仮に今すぐ着工できたとしても開業は2034年以降になる計算です。
その上で、斉藤大臣は「JR東海が静岡工区で行う環境対策の状況を継続的に確認するとともに、静岡県とJR東海の対話を促す」と述べ、できるだけ早い開業に向けて、対話の促進を含めて環境を整備していく考えを示しました。
【建設促進期成同盟会・愛知県知事】
JR東海が「リニア中央新幹線」の2027年開業を断念する方針を示したことについて、関連の自治体や経済団体などでつくる建設促進期成同盟会の会長を務める愛知県の大村知事は「27年開業を目指して沿線都道府県がさまざまな地域開発やプロジェクトに取り組んできたと思うので、開業が遅れることは断腸の思いで極めて残念だ」と述べました。
そのうえで、「科学的な論拠やエビデンスに基づいてしっかりと議論して解決策を見いだし、一日も早く静岡工区を着工してできる限り早期のリニアの開業を強く要望したい」と述べました。
【長野・阿部知事】
阿部知事は、3月、JR東海が「リニア中央新幹線」の2027年の開業を断念する方針を明らかにしたことについて、「十分な説明を行うことが必要だ」などと述べJRや国に対し、開業時期などについて、詳しい説明を求めていく考えを示しました。
飯田市に中間駅が設置されるリニア中央新幹線をめぐっては、東京・品川と名古屋を結ぶ区間の2027年の開業を目指していました。
しかし、3月29日、JR東海の丹羽俊介社長は、国土交通省で開かれた専門家の会議の中で、「2027年の名古屋までの開業は実現できる状況にはない」と述べ、2027年の開業を断念する方針を明らかにしました。
こうした状況について、阿部知事は1日の定例会見で、「非常に重大なことだと受け止めている。まずは地元の皆さん、そしてわれわれも含めた関係者に対して十分な説明をしっかり行ってもらうことが必要だ」と述べ、JRや国に対し、開業時期などの詳しい説明を求めていく考えを示しました。
その上で、「何年の開業を目指して取り組むのかということがはっきりしなければ、いろいろな対応や対策の見直しもできない。何をいつまでに、どう解決して、その見通しを立てていくのか、明らかにしてもらいたい」と述べて、まちづくりや企業誘致に大きな影響が出かねないという認識を示しました。
【山梨・長崎知事】
JR東海がリニア中央新幹線の2027年の開業を断念する方針を明らかにしたことについて、長崎知事は記者団に対し、「大変残念な話ではあるが静岡工区の着工がそもそも遅れているのである意味必然の結果だと思う。一刻も早く静岡県とJR東海、国で着工にこぎ着けていただきたいと強く思う」と述べました。
その上で山梨県を含む沿線の都府県でつくる「建設促進期成同盟会」で、着工を認めていない静岡県に対しその理由の説明や情報共有を求めていきたいという考えを示しました。
【静岡島田・染谷市長】
静岡県が着工を認めていないリニア中央新幹線を巡り、JR東海が2027年の開業を断念する方針を明らかにしたことについて、大井川流域の自治体である島田市の染谷絹代市長は、2日の定例会見で、「非常に重たい判断であり、もし私が、工事が進捗している他県の首長だったら、静岡県には現実的な議論をして、工事に着手してほしいと願うのは当たり前だと思う」と述べました。
その上で、県に対し、「本当の課題意識がどこにあるのか伝わってこないので、危機感が生じている。着実にスピード感をもって、県民に納得してもらえる議論をしないといけない」と述べました。