サッカーJ2藤枝MYFC サポーター向け新体制発表会を開催

サッカーJ2の藤枝MYFCは、新体制の発表会をサポーター向けに開き、須藤大輔監督が「誰がなんと言おうがJ1昇格しか目指していない。サポーターと秋に笑えるようトレーニングしていく」と意気込みを述べました。

2009年に誕生し、ことしクラブ創設15周年を迎えた藤枝MYFCは、21日、ホームタウンの1つ、焼津市で、新体制の発表会をサポーター向けに開きました。
冒頭で、シーズンに臨む選手の名前が次々に読み上げられると、スーツを着た選手たちがステージ上に勢ぞろいしました。
選手を代表して杉田真彦選手があいさつし、「どのチームよりも早く練習をはじめ、去年以上の力でみんなで練習に励んでいる。ことしも熱い応援をよろしくお願いします」と力強く語りました。
続いて、須藤大輔監督が「誰がなんと言おうがJ1昇格しか目指していない。サポーターと秋に笑えるようトレーニングしていく。今シーズンも一緒に戦ってほしい」と呼びかけました。
このあと、シーズンのスローガンは、クラブから地域への思いがしっかり伝わっていくように、「一体感伝播」にすると発表されました。
藤枝MYFCは、1月29日から鹿児島県でキャンプに入り、2月の開幕に向けてトレーニングを進めていくことにしています。