本の感想について会話できるAIロボット登場 磐田市の施設

子どもたちに読書に関心を持ってもらおうと、静岡県磐田市の子育て支援施設にAI=人工知能を活用して本の感想について会話できるロボットが設置され、11日、お披露目されました。市によりますとこうしたロボットの設置は全国で初めてだということです。

対話型のロボットが設置されたのは磐田市の子育て支援施設で本の貸し出しも行っている「ひと・ほんの庭にこっと」です。
NTTが開発しているこのロボットは、あらかじめ本の内容をAIに学習させておくことで、人とコミュニケーションを取ることができ、施設では、絵本や児童書あわせて131冊の情報を登録したということです。
そばに置かれたタッチパネルの画面と専用のマイクを使ってロボットとやりとりする仕組みで、本に取り付けられたICタグを読み込むと最初に、内容に関するクイズが出されます。
続いて本の感想について会話でのやりとりが始まり、この中でロボットは、絵本のどこが印象に残ったかなどを話したり、「あなたはどう思う?」などと尋ねたりします。
11日は子どもたちが集まって一生懸命考えながらクイズに答えたり、友達と相談しながら返事したりするなどロボットとの会話を楽しんでいました。
磐田市によりますとこうしたロボットの設置は全国で初めてだということです。
小学6年生の女子児童は「ロボットと話すためにもっとたくさん本を読もうと思いました」と話していました。
施設の兼子順子館長は「最近は、子どもが本をあまり読まなくなっていますがロボットとの会話をきっかけに本をたくさん読んでもらえたらうれしいです」と話していました。