通園バス内置き去り 3歳女児死亡から1年 悼む声相次ぐ

牧之原市の認定こども園で当時3歳の女の子が通園バスの車内に置き去りにされ、重度の熱中症で亡くなった事件から5日で1年です。
バスが止められていたこども園の駐車場などに設けられた献花台には5日朝から多くの人が訪れ、女の子を悼んでいます。

去年9月5日、牧之原市にある認定こども園「川崎幼稚園」の駐車場に止められた通園バスの車内に、園に通っていた河本千奈ちゃん(当時3)が約5時間にわたって置き去りにされ、重度の熱中症で亡くなりました。
事件の発生から1年となる5日、バスが止められていたこども園の駐車場と園舎の前に献花台が設置され、多くの人が花や飲み物を手向けて千奈ちゃんを悼んでいました。
子どもと一緒に訪れた静岡市の30代の女性は、「娘と歳が近いこともあり、1日も忘れたことがなく、自分にとっても辛い事件でした。千奈ちゃんに『忘れたことはないよ』と心の中で声をかけました」と話していました。
また、川崎幼稚園に通っていたという島田市の40代の女性は、「通っていた園なので複雑な思いもありますが、両親のこの1年間の気持ちを考えると、同じ立場だったら生きていく気力もないくらい辛いことだと思います」と話していました。
一方、こども園は5日希望する園児のみ受け入れることにしていて、午前中に子どもを預けるため園を訪れる保護者の姿も見られました。
今回の事件をめぐっては、バスを運転していた当時の園長ら4人が安全管理を怠ったとして、業務上過失致死の疑いで書類送検されていて、今後、検察が起訴するかどうか判断することになります。

《動画に残る送迎バスに乗る千奈ちゃんの姿》
事件が発生した3か月前の去年6月に父親が撮影した動画には、送迎バスに乗る千奈ちゃんの姿が記録されていました。
この動画では、動物のイラストでラッピングされたこども園の白いバスが自宅の前に到着し、制服を着た千奈ちゃんが乗務員の手助けを受けながらバスを降ります。
そして、気をつけをして乗務員に「さようなら」とあいさつをすると、優しく頭をなでられていました。
父親によりますと、千奈ちゃんはこども園が大好きで、バスでの通園も毎日楽しみにしていたということです。

《川崎幼稚園の園舎の前にも献花台》
事件の発生から1年となる5日、川崎幼稚園の園舎の前にも献花台が設けられました。
御前崎市から訪れた50代の男性は、「この1年、記事を見るたびに心が痛みました。バスの車内の確認ができなかったというのは教育の場で愛情が足りなかったのではないかと思います。ただただ、千奈ちゃんが気の毒です」と話していました。
母親とともに献花に訪れた藤枝市の20代の男性は、「二度とあってはならないことだと思いますし、他人事として考えないようにしてほしい」と話していました。
ことし5月から幼稚園の送迎バスの運転手として働いているという浜松市の40代の男性は、「仕事を決めた時に、真っ先にこの事件のことが頭によぎりましたが、防ぐごとができた事件だと思います。自分たちの園では、園児がバスから降りた後に車内を掃除しながら残っている子どもがいないか、確認するよう心がけています」と話していました。
また、SNSを通じて千奈ちゃんの父親と交流があるというさいたま市の50代の男性は、泊まりがけで献花に訪れました。
男性は「塗り絵を供えることをお父さんにSNSで伝えたところ、『ありがとうございます。夕方から夜にかけて取りに行きます』と返事をもらいました。生きている限りは毎年来たいと思っています」と話していました。

《元バスの運転手も献花に》
以前、観光バスの運転手を務め、冠婚葬祭での送迎業務にも携わったことがあるという牧之原市に住む70代の男性も献花に訪れました。
男性は、「車内にいたのは運転手1人ではなかったということで、過去の自分たちの仕事を考えても、なぜこんなことが起きてしまったのか不思議でしかたない。こんなことは二度とあってほしくない」と話していました。

《献花台には手紙や絵も》
事件の現場となった駐車場に設置された献花台には、花や飲み物のほかに手紙や絵も供えられました。
手紙には、「この事件のことを報道で知ってから、暑い日、窓の閉まった車の中私は千奈ちゃんのことを想っています。天国の千奈ちゃん、お父様、お母様が心穏やかにすごせる日々が1日でも早く来てほしいと心から願っています」などとつづられています。
また、千奈ちゃんと同じクラスだったという5歳の女の子が描いた絵には、色とりどりの花や虹に囲まれながら、千奈ちゃんと女の子が笑顔で並んでいる様子が描かれています。
午前6時半ごろに設置された献花台は、昼ごろには供え物でいっぱいになったため、川崎幼稚園の渡邊伊彦園長が、園から机を運び出しました。
そして、設置されていた献花台の隣に机を置いて献花のスペースを設け、静かに手を合わせていました。

《送迎バスへの安全装置の設置義務 県内5割にとどまる》
送迎バスに3歳の女の子が置き去りにされて死亡した事件を受けて、送迎バスへの安全装置の設置が義務づけられましたが、県内で8月末までに設置を終えるとしたバスは53%にとどまることが県のまとめでわかりました。
去年9月、牧之原市にある認定こども園で、3歳の女の子が送迎バスの車内に置き去りにされて熱中症で死亡した事件を受けて、国はことし4月から、幼稚園や保育所の送迎バスへの安全装置の設置を義務づけました。
設置には1年間の経過期間が設けられていて、県は5日、県内の設置状況を公表しました。
それによりますと設置が必要な748施設のあわせて1724台のバスのうち8月末までに設置を終えるとしたバスは914台で、53%にとどまりました。
施設ごとにみますと、保育所や認定こども園など教育・保育施設が86.5%だった一方、児童発達支援センターなど障害のある子どもの通所支援を行う施設では35.6%と設置が進んでいない状況が浮き彫りになりました。
外国人が運営する認可外の保育施設での設置も進んでいないということで、県では、装置の設置を各施設に呼びかけるとともに、設置にあたっての国の補助についても周知していくことにしています。
調査結果について、川勝知事は、5日の定例会見で、「あらためてご冥福をお祈り申し上げる。安全装置ができる限り早期に多く設置されるよう、指導していきたい」と述べました。