無免許運転の中山真珠県議 所属会派が除名処分に

ことし4月の県議会議員選挙で最年少の当時27歳で当選した中山真珠議員が無免許運転をしていた問題で、所属会派のふじのくに県民クラブは、中山議員の除名処分を決めました。

この問題は、静岡市清水区選挙区選出の中山県議が、ことし5月に免許が失効していたにも関わらず、無免許の状態で、複数回、公務に向かう途中などに乗用車を運転していたものです。
これについて、中山県議の所属会派のふじのくに県民クラブは、7日午前、会見を開き、田口章会長が、「県民に不信感とご迷惑をかけたことを心からお詫び申し上げます」と謝罪しました。
その上で、県民クラブとして、中山県議の除名処分を決めたことを明らかにしました。
県民クラブの聞き取りに対し、中山県議は、「免許の失効を自覚していたが、予定が立て込んでいて時間が厳しかったので、運転してしまった」と説明しているということです。
一方、中山県議は、所属していた国民民主党県連には、5日、離党届を提出したということです。