袴田さん再審 検察が有罪立証の方向で最終調整か

57年前、静岡県で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した袴田巌さんの再審=やり直しの裁判について、検察は10日までに立証の方針を決め、裁判所に示すことになっています。
関係者によりますと、これに向けて補充捜査を行うなどしていて、有罪を求める立証を行う方向で最終的な調整を進めているものとみられます。

57年前の1966年に今の静岡市清水区で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した袴田巌さん(87)について、東京高等裁判所は、ことし3月、再審を認める決定を出し、静岡地方裁判所でやり直しの裁判が開かれることになりました。
再審を認めた決定は、有罪判決の根拠となった衣類について、付着した血痕の色の変化などから「第三者がみそのタンクの中に隠した可能性が否定できない」としてねつ造の可能性に言及し、検察の主張を退けました。
やり直しの裁判では、検察が改めて有罪を求める立証を行うかどうかが焦点になっています。
関係者によりますと、検察は、血痕の色の変化について専門家に見解を求める補充捜査などを行っていて、やり直しの裁判で有罪の立証を行う方向で最終的な調整を進めているものとみられます。
検察は、10日までに立証の方針を決め、裁判所に示すことになっています。
一方、弁護団は、この衣類は「ねつ造であり、証拠から排除しなければならない」として、無罪を主張する方針を固めています。

検察が有罪の立証を行う方向で最終的な調整を進めているとみられることについて、袴田巌さんの弁護団の事務局長を務める小川秀世弁護士は、「検察は、再審開始決定を覆すのが難しいと判断して特別抗告を断念したのに、矛盾した対応で信じられない。法律家として正義に反している」と述べました。
その上で、有罪の立証を行う場合、やり直しの裁判の審理が長期化するとして、「メンツか何かはわからないが、立証ができないのに引き延ばしのためにやるとしか考えられない。袴田さんが87歳という高齢であることを考えたら本当に許しがたい」と批判しました。
検察が有罪の立証を行う方向で最終的な調整を進めているとみられることについて、袴田巌さんの姉のひで子さん(90)は、「正式に出たわけではないので、まだ答えられません。確実になったらお答えします」とコメントしています。