裾野市スプリンクラー突然作動 楽団に損害の和解金支払う意向

去年、裾野市の文化センターでスプリンクラーが突然作動し、オーケストラが水をかぶった問題で、裾野市は28日楽団に対し、損害に対する和解金を支払う意向を明らかにしました。

この問題は去年9月、裾野市民文化センターでスプリンクラーが突然作動し、演奏前の焼津市のオーケストラが水をかぶったもので、市が設置した調査委員会は27日、誤作動の可能性は排除できないものの、原因を特定できなかったとする最終報告書を公表しました。
これを受けて裾野市の村田悠市長は、会見を開き「原因は特定できないが、楽団は大きな損害を受けており解決して行かないといけない。被害に遭われたことは大変心苦しく思っています」と述べました。
その上で楽団に対し、損害に対する和解金を支払う意向を明らかにしました。
楽団はこれまで、出演者5人がけがをしたほか、楽器およそ100点が被害を受けたとしていて、市は今後、楽団に支払いに向けた協議を申し入れることにしています。
これについて楽団の中原朋哉芸術監督は「9か月以上も被害者を放置し続けた裾野市に不信感はあるが、交渉の場につくというのであれば、その態度を見極めて協議に応じたい」とコメントしています。