JR東海ボーリング調査開始 知事が中止と説明求める考え示す

リニア中央新幹線のトンネル工事を巡りJR東海が山梨県側から静岡県境付近までのボーリング調査を開始したことについて、川勝知事は「地下水が流出する懸念がある」として、JR東海に対し調査の中止と県の専門部会での説明を求める考えを示しました。

JR東海はリニア中央新幹線の山梨県内のトンネル工事のため、山梨側から静岡県境付近までの地下水などの状況を確認するボーリング調査を2月21日に開始し、水資源への影響を懸念する静岡県が反発しています。
これについて川勝知事は28日の定例会見で、調査地点は静岡県境付近と断層帯がつながっているとして、「静岡県内の地下水が流出する懸念がある」と主張しました。
そして「何を急いでいるのか。いまボーリングをする差し迫った必要性はない。ほかに遅れている仕事もあるだろう」と述べ、JR東海に対し調査の中止と県が3月にも開く専門部会での説明を求める考えを示しました。
また、静岡大学と浜松医科大学の再編を巡って、静岡大学の日詰学長が、当初、大学間で合意した分割案でなく2つの大学を統合する新たな案を示していることについて、「浜松市長が立腹するのは筋が通っている。合意を遵守するのが大学人の責任というのはその通りだ」と述べました。
その上で、静岡市には県立大学や県立工科短期大学もあるとして、「それぞれの教育機関がそれぞれの地域のためになる方策も日詰学長には探ってほしい」と述べ、ほかの大学などとの連携や再編も検討するよう促しました。