リニア新幹線 川勝知事 岸田首相に調査の内容など要望の手紙

リニア中央新幹線を巡り、岸田総理が開業後に静岡県内の東海道新幹線の停車頻度の増加に向けた調査結果をことし夏をメドにまとめる方針を示したことについて、川勝知事は、調査の内容などを要望する手紙を出したことを明らかにしました。

リニア中央新幹線について、岸田総理大臣は年頭の記者会見で、開業後、静岡県内の駅で東海道新幹線の停車頻度をどの程度増加できるのか、夏をめどに一定の取りまとめを行う考えを示しました。
これについて川勝知事は24日の定例会見で、静岡県に必要な情報を伝えるため、24日午前中に県の職員が岸田総理の事務所に調査内容の要望をまとめた手紙を出したことを明らかにしました。
手紙の中で、2027年の開業を目指す品川ー名古屋間の開業段階での、東海道新幹線の「ひかり」と「こだま」の本数や県内の駅での停車回数の増加など県内へのメリットや「リニア」と「のぞみ」の料金の差の情報などを提示するよう求めています。
また、人口減少やエネルギー価格の高騰、オンライン普及による人流の減少といった社会の状況が、リニアの計画に厳しい影響を与えると訴え、社会変化の事業への影響についても説明を求めています。
一方、岸田総理と直接協議する意向があるか問われ、「誘いがあればぜひ、直接の議論もしたい」と述べました。