通園バス女児死亡事件受け 幼稚園で安全装置の実証実験 

牧之原市の認定こども園で3歳の女の子が通園バスの車内に取り残され熱中症で死亡した事件を受けて、藤枝市の幼稚園では人の動きを検知するセンサーなどを使って置き去りを防ぐ安全装置の実証実験が行われました。

藤枝市の幼稚園で行われた実証実験は、政府が来年4月から、幼稚園や保育所などの送迎バスに安全装置の設置を義務づけることになったことを受けて行われました。
実験したのは県内の自動車部品メーカーが開発中の安全装置で、運転手がエンジンをとめると車内の確認を促すアナウンスが流れ、車内後部のスイッチを押して止める仕組みです。
センサーで人の動きを検知し、園児が残った状態でスイッチを押すと警告音が鳴るほか、登録したアドレスに警告のメールも配信されるということで、21日は、園の関係者が実際に音が鳴る様子を確認していました。
メーカーでは、3か月の実証実験を経て、商品化を目指すことにしています。
実証実験に参加した運転手の男性は「牧之原市の事件はひとごとではないと思っていました。こうした装置があれば運転手としても大変助かります」と話していました。
装置を開発している「エッチ・ケー・エス」の大庭典子課長は「人間は『100%見落とさない』ということは難しいので、少しでも手助けできるような装置に仕上げていきたい」と話していました。