「袴田事件」検察の実験結果めぐり 弁護団“再審開始を確信”

いわゆる「袴田事件」で再審・裁判のやり直しを求めている袴田巌さんの弁護団が記者会見を開き、東京高等裁判所で行われている協議で検察が独自に行った実験の結果を受けて、「証拠がねつ造されたことが裏付けられた。再審開始は間違いないと確信している」と述べました。

袴田巌さん(86)は、昭和41年に今の静岡市清水区で一家4人が殺害された事件で死刑が確定しましたが、無実を訴えて再審を求めていて東京高等裁判所で非公開の協議が行われています。
事件では、逮捕から1年2か月後にみそタンクから血痕が付いた衣類が見つかり、袴田さんが犯行時に着ていたものとされましたが、弁護側は「1年以上みそに漬かった衣類に血液の赤みが残ることはありえない」と主張しています。
これに対し検察は、去年9月から血痕の付いた布をみそに漬ける実験を行い、「赤みが残る可能性はある」と反論していて1日は審理を担当している裁判長ら2人の裁判官が静岡地方検察庁を訪れ、この実験を視察しました。
この視察に立ち会った袴田さんの弁護団が2日夕方、静岡市内で会見を開き、犯人のものとされる衣類が発見されるまでの期間と同じ、約1年2か月にわたってみそに漬けられた血痕を確認した結果、「一見して赤みが残っているとはいえない」という見解を示しました。
弁護団の事務局長を務める小川秀世弁護士は、「検察の実験によって、衣類が犯行時の着衣ではないということが明らかになり、証拠のねつ造をはっきりと裏付けることになった。一番中心の証拠が崩れるので、再審開始は間違いないと確信している」と話していました。