スルガ銀行の行員が顧客の預金から約5700万円着服

沼津市に本店を置くスルガ銀行は、神奈川県の店舗に勤務する行員が、顧客の預金から約5700万円を着服していたことを明らかにしました。

スルガ銀行の発表によりますと、神奈川県の小田原支店に勤務する行員が去年夏から1年ほどの間、担当する顧客の預金からおよそ5700万円を着服していたということです。
10月21日に被害にあった顧客から「身に覚えのない出金がある」と支店に連絡があり、調査したところ、この行員による着服が判明したということです。
行員は、銀行の調査に対して着服を認めた上で、「主に遊ぶために使った」と話しているということです。
銀行では、被害にあった顧客に対して全額を弁済することにしていて、行員が担当していた別の顧客に対しても身に覚えのない出金がないか確認を行っているということです。
銀行では、外部の弁護士の協力のもと、着服の手口などを詳しく調査したうえで、行員を含めた関係者の処分を行うとしています。
スルガ銀行は「不祥事が発生したことを厳粛に受け止めております。今後、一層の内部管理態勢の充実・強化を通じて再発防止を図り、信頼回復に全力をあげて取り組んでまいります」とコメントしています。