通園バスで園児死亡事件受け政府が再発防止の緊急対策まとめる

静岡県で3歳の女の子が通園バスの車内に取り残されて死亡した事件を受け、政府は、来年4月から全国の保育所や幼稚園などの送迎バスあわせて約4万4000台に安全装置の設置を義務づけることなどを盛り込んだ再発防止のための緊急対策をまとめました。

それによりますと、再発防止に向けて、誰が運転や乗車をしているかにかかわらずバスの乗り降りの際に点呼を行うなどして子どもの所在を確認することや、来年4月から全国の保育所や幼稚園、それに認定こども園などの送迎バスあわせて約4万4000台に子どもの置き去りを防ぐための安全装置を設置することを義務づけるとしています。
この義務に違反した施設は業務停止命令の対象になり得るとした上で、命令に従わない場合は罰則を科すこともあるとしています。
一方、小中学校と放課後児童クラブは小さな子どもに比べて置き去りになる可能性が低いとして、安全装置の設置は義務づけないものの、設置を希望する場合には費用を補助するとしています。
また、園長などの責任を定めた安全管理マニュアルを新たに作成し、今後、全ての施設に配布することにしています。
こども政策を担当する小倉少子化担当大臣は「1度ならず2度までも幼い命が失われたことは痛恨の極みだ。今回はあくまでスタートラインにすぎず、対策をすべての施設に実施してもらえるようにしたい」と述べました。

再発防止のための緊急対策がまとまったことを受けて、静岡県浜松市で通園バスを運行している幼稚園では、安全装置の設置をすぐにでも検討するとした一方、機械に頼りすぎず人の目による確認の徹底が欠かせないとしています。
2台の通園バスで約70人の送迎を行っている浜松市中区の早出幼稚園は、牧之原市での事件を受けて、通園バス専用の出欠名簿を作るなど安全管理を改めて見直しました。
園では、こどもたちが帰りのバスに乗る前に園庭に集まっていつもと同じパートナーと手をつなぎ、職員の点呼を受けたあと、バスに乗り込んでいました。
そして、決められた席に座ったあと、バス担当の職員が人数を確認し出発していました。
荒巻太枝子園長は「マニュアルを何度も見直してより安全な方法を模索して、職員の安全意識を維持していこうと思います」と話していました。
園では、安全装置の設置義務づけなどを盛り込んだ再発防止のための緊急対策がまとまったことを受けて、装置の導入をすぐにでも検討するとしています。
その上で荒巻園長は「機械があっても人がしっかり見て確認することが大事で、安全確認に必要な人材を確保できるような支援もお願いしたいです」と述べ、人の目によるダブルチェックが欠かせないと訴えていました。
息子2人が通園バスを利用しているという保護者は「園を信じて預けていますが、安全装置が加わるとより安心です。どこの保育施設に預けても保護者が安心できるよう国が方針を打ち出してくれるのは大切だと思います」と話していました。