「全国旅行支援」静岡県内でも11日から開始

政府の観光需要の新たな喚起策「全国旅行支援」について、静岡県は、期間初日の10月11日から県内でも開始すると発表しました。

「全国旅行支援」は、政府が全国を対象に導入する観光需要の新たな喚起策で、10月11日から12月下旬までの期間、実施されます。
これについて静岡県は、期間初日の10月11日から12月20日まで、この制度に基づいた県内での旅行代金の割り引きなどを実施すると発表しました。
全国の旅行者を対象に、県内での▼旅行代金が1人1泊あたり最大で8000円、▼日帰りの旅行でも最大5000円が割り引かれます。
また、土産物の購入などに使える電子クーポン券が、▼平日は3000円分、▼休日は1000円分、配布されます。
利用する場合、事業に参加している旅行会社を通じて予約するか、対象となる宿泊施設に直接予約した上で、本人確認書類のほか、3回のワクチン接種歴か検査による陰性証明を提示する必要があります。
県観光振興課は「全国から多くの旅行者が県内に訪れることを期待している。観光産業の回復に向けて、静岡の魅力のPRに取り組んでいきたい」とコメントしています。
一方、これに伴って、県民と近隣県の住民を対象にした県内の旅行代金を割り引く事業の「県民割」は10月10日で終了します。