静岡市清水区の大規模断水 27日に約半数で生活用水供給へ

台風15号の影響で静岡市清水区で大規模な断水が起きている問題で、静岡市は27日から県の工業用水などを活用し、断水している世帯のおよそ半数にあたる3万1000世帯でトイレや掃除などに使える生活用水を供給する作業を行うと発表しました。
市では「通水しても最低限の使用にとどめ、検査で安全が確認されるまでは飲まないでほしい」と呼びかけています。

静岡市清水区では台風15号の影響で主な水源である興津川の取水口が流木で塞がれるなどの被害が出ておよそ6万3000世帯で断水が続いています。
この問題で静岡市は27日から県の工業用水や井戸水、それに取水口に流れ始めた水を使って、断水している世帯のおよそ半数にあたる3万1000世帯でトイレや掃除などに使える生活用水を供給する作業を行うと発表しました。
具体的には、▼JR東海道線と東名高速道路の間にある「巴川ブロック」の2万7000世帯と、▼その東側から興津川までの「興津ブロック」の4000世帯に供給する方針です。
その後は▽28日に東名高速道路より北側の「庵原北部ブロック」の3600世帯、▽今月29日にJR東海道線より南側から三保半島にかけての「三保ブロック」の2万1000世帯と▽新東名高速道路新清水ジャンクション周辺の400世帯、▽今月30日に日本平側の「富士見ヶ丘ブロック」の3000世帯と順次、範囲を広げていく予定だということです。
いずれの地域でも飲み水に使えるのは生活用水供給開始から2日後を見込んでいて、市では「通水しても最低限の量の使用にとどめ、検査で安全が確認されるまでは飲まないでほしい」と呼びかけています。