県内の4000棟余りで浸水被害 清水区では大規模な断水続く

台風15号の影響で記録的な大雨となった静岡県内では、浸水被害が4000棟余り確認されていて、各地で建物の泥を洗い流すなどの作業が進められています。
静岡市清水区では、大規模な断水が続いていて、市と海上保安庁などが臨時の給水所を設けて対応しています。

静岡県のまとめによりますと、県内各地で浸水の被害が相次ぎ、26日午前6時の時点で、あわせて12の市と町で、床上浸水が1496棟、床下浸水が2534棟のあわせて4030棟に上っています。
静岡市によりますと、取水口に流木が詰まった影響などで静岡市清水区の8割にあたる約63000世帯で断水が起きていて、浸水の被害を受けた地域の復旧にも影響が出ています。

清水区高橋の秋山博野さん(64)の住宅では、床上およそ1メートルの高さまで水につかり、26日は、床板を剥がして自宅の中を乾燥させる作業を行っていました。
しかし、断水の影響で、自宅の水道の水が少しずつしか出ないため、給水所からポリタンクで積んできた水を使って家の中の泥を洗っているということです。
秋山さんは「自宅にいて水が上がってきたときにはもうだめかと思った。水はすぐに引いたが、水道がうまく使えないので、いまは家を洗う作業が進まず困っている」と話していました。

静岡市と海上保安庁は、清水区内の29か所で臨時の給水所を設けていて、清水海上保安部では清水区日の出町の巴川の河口に巡視船が停泊し、その船内からホースを伸ばして、車で訪れた人向けに給水を行っていました。
清水区の46歳の女性は「涙が出るくらい助かっています。ほかの給水所は車で入りづらいところもあり、ありがたいです」と話していました。