大雨の影響 磐田市で430棟が浸水 小学校も被害

大雨の影響で磐田市では住宅や店舗などの建物の浸水被害が相次ぎ、140棟が床上まで、290棟が床下まで水につかりました。
被害の約半数は市の北部にある豊岡地区に集中していて、このうち、豊岡北小学校では、校舎の1階部分や体育館が床上60センチメートルの高さまで水に浸かりました。
小学校では、24日朝から、市の職員や児童の保護者など約100人が机やいすを乾かしたり、床の泥をかき出したりするなど対応に追われたということです。
豊岡北小学校の渥美玲子教頭は、「朝来た時は、泥だらけで、どこから手をつけていいのか途方にくれていたが、多くの人が手伝ってくれて、思っていたよりは清掃を進めることが出来た。こどもたちの道具が水に浸かってしまったのが、一番悲しい。明日以降も作業を続けて早く学校を再開できるようにしたい」と話していました。
小学校によりますと、清掃作業と消毒作業のため、9月27日までは授業を休みにするということです。