城内衆院議員の発言に性的少数者支援団体が真意を問う質問状

静岡7区選出の自民党の城内実衆議院議員が、8月、性的マイノリティーに関する会合で、権利擁護を主張する一部の人たちの活動を念頭に、「お花畑的な正義感」などと発言したことを受けて、
性的マイノリティーの支援などを行う団体が、城内氏の事務所に、真意を問う質問状を出しました。

城内氏は8月25日、自身が事務局長をつとめる、自民党の性的マイノリティーに関する委員会の会合に出席しました。
城内氏の事務所によりますと、この会合で有識者が差別解消への取り組みについて、一部の人たちが問題を単純化して権利擁護を主張し、違う考えを持つ当事者を差別しているといった趣旨の指摘をしたことに関連し、城内氏が、「お花畑的な正義感でステレオタイプでやっている」などと発言したということです。
これを受けて、浜松市を拠点に活動する、性的マイノリティーの支援などを行う3つの団体が合同できょう午前、城内氏の事務所に質問状を出しました。
質問状では、発言の事実確認のほか、問題があると考えているのか真意を問う内容となっています。
「浜松トランスジェンダー研究会」の鈴木げん代表は記者会見で、「これまでも国会議員から差別発言があり、またかとため息が出た。苦しむ当事者の姿が見えていないのかなと思ったのでさまざまな当事者の話を直接聞いて欲しい」と、述べました。
城内氏は、NHKの取材に対し、会合での発言について「1つの主張を絶対の正義として振りかざす人がいるという話の中で、考え方全般を例えて言ったもので、活動家そのものを指したわけではない。本来の趣旨と違う形で伝わり、誤解を与えたとしたら申し訳ない」とコメントしています。