静岡市長 安倍元首相の「国葬」に自費で出席する考え

9月27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」について、静岡市の田辺市長は自費で出席する考えを示しました。

静岡市の田辺市長は27日の定例の記者会見で、9月27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」について、「出席をいたします。ただし私人として参列をしたい」と述べ、自費で出席する考えを示しました。
理由については「安倍元総理大臣は長年にわたり大きな功績を外交面はじめとしてあげ、地方創生にも努力していただいた。しかし志半ばに凶弾に倒れられた。謹んでお悔やみ申し上げ弔意を示して参りたい。いろいろな意見がある中で公費の支出はしない」と説明しました。
また市の庁舎や学校における半旗の掲揚については「今のところ考えていないが、現時点では未定だ。しかるべき時までに決定したい」と述べました。