カツオの窃盗事件 焼津漁協の職員に執行猶予つき有罪判決

カツオの一連の窃盗事件のうち、おととし8月に焼津市の水産加工会社の元社長らとともにカツオおよそ930キロを盗んだ罪に問われた焼津漁業協同組合の職員に対し、静岡地方裁判所は「立場を悪用して職場内で半ば堂々と行われた大胆かつ計画的な犯行だ」として執行猶予のついた懲役1年6か月の有罪判決を言い渡しました。

焼津漁協で魚の計量を担当していた外港売場の係員、青野友成被告(32)は、おととし8月に焼津市の水産加工会社の元社長らとともに冷凍カツオおよそ930キロ、およそ13万円分を計量せずにトラックに積み込み盗んだとして窃盗の罪に問われました。
12日の判決で静岡地方裁判所の國井恒志裁判長は「立場を悪用して職場内で半ば堂々と行われた大胆かつ計画的な犯行だ。計量証明書を発行する機械を不正に操作するなど犯行に必要不可欠な役割を果たしたといえる」と指摘しました。
その上で、「報酬目的で犯行に加担し、魚市場に対する社会の信頼を傷つけるものであり、厳しい非難を免れない」として懲役1年6か月、執行猶予3年を言い渡しました。
この事件で、焼津市の水産加工会社の元社長らは別の窃盗事件の裁判で審理が続けられ、裁判が分離されています。
焼津漁港をめぐる冷凍カツオの一連の窃盗事件のうち判決が出たのは、これが初めてです。