川勝知事「国葬」参列「案内来てから判断」 半旗は掲げる予定

8日に国会で閉会中審査が行われた安倍元総理大臣の国葬への参列について、川勝知事は政府からの案内状が届いてから判断するとの意向を示しました。

今月27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」をめぐっては、世論の賛否が分かれていてきょう国会では閉会中審査が行われました。
川勝知事は定例の記者会見で国葬への参列について「出席の案内が来ていないので、出席うんぬんについて答える筋ではないと思う。案内が来てからどうするか明確にお伝えしたい」と述べ、政府から案内状が届いてから判断する考えを示しました。
国葬をめぐって世論の賛否が分かれていることについては、「さまざまな意見が出ているのは当然だと思う」と述べました。
その上で、県庁では弔意を示すため、国葬にあわせて半旗を掲げる予定であることを明らかにしました。