台風8号13日日中にも上陸か 静岡県は土砂災害などに警戒を

台風8号は東海地方に接近し、13日の日中には上陸するおそれがあります。気象台は東海地方で「線状降水帯」が発生し、災害の危険度が急激に高まる可能性があるとして、静岡県では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、うねりを伴った高波に警戒を、東海3県では十分注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと12日に発生した台風8号は13日の午前3時には和歌山県の潮岬の南東約110キロにあって、1時間に約20キロの速さで北に進んでいます。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側300キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹き、愛知、三重、静岡の全域と岐阜の一部が強風域に入っています。
台風はこのあと東海地方の沖合を北上してしだいに進路を北東に変えて東海地方に接近し、13日の午後3時までには静岡県付近に上陸するおそれがあります。
これにともない東海地方では大気の状態が非常に不安定になって雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降るところもあって、海上はうねりを伴って大しけとなるところがあります。
また東海地方では13日の日中には線状降水帯が発生して、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。
13日、1時間に降る雨の量はいずれも多いところで静岡県で80ミリ、愛知県で50ミリ、三重県で40ミリ、岐阜県で30ミリと予想され、あす(14日)午前6時までの24時間に降る雨の量は静岡県で300ミリ、愛知県で150ミリ、三重県と岐阜県で80ミリと予想されています。
また予想される波の高さは静岡県で6メートル、愛知県の外海で5メートル、内海で2.5メートル、三重県の外海で4メートル、内海で2メートル、伊勢志摩の内海で2.5メートルとなっています。
予想される最大風速は静岡県の海上で20メートル、陸上で15メートル、愛知県の海上で17メートル、三重県の海上で17メートルです。
気象台は13日の日中、台風の進路や発達の程度によっては、警報級の大雨や高波となる可能性があるとして、静岡県では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、うねりを伴った高波に警戒を、東海3県では十分注意するよう呼びかけています。
また竜巻などの激しい突風、ひょうなどにも注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めて下さい。