リニア早期整備に向け「建設促進期成同盟会」の総会

リニア中央新幹線の早期整備に向けて、沿線の都府県で作る「建設促進期成同盟会」の総会が開かれ、新たに加盟した静岡県の川勝知事は、工事による水資源への影響には依然として懸念が残るとした上で、JR東海との協議をスピード感をもって進める考えを示しました。

「建設促進期成同盟会」の総会はオンライン形式で開かれ、新たに加盟した静岡県の川勝知事が初めて出席しました。
この中で、川勝知事は「静岡県は、現行ルートでの整備を前提にスピード感をもって、課題解決に向けて国と協力し、取り組みを進めていく」と述べました。
一方、工事による水資源への影響には、依然として懸念が残るとした上で「静岡県の問題も共有させてもらい、その認識を踏まえて、JR東海との対話をスピード感をもって進めることを約束したい」と述べました。
総会では、山梨県の長崎知事から、開通を見据え、高速道路や空港なども含めた交通ネットワークのあり方を検討するための研究会を設けるべきだという提案があり、すべての出席者が賛成しました。
同盟会の会長を務める愛知県の大村知事は、総会のあと記者会見し「タイムスケジュールを共有し、リニア中央新幹線の整備とともに、地域振興にも努めていきたい」と述べました。

総会のあと川勝知事は、「温かく受け入れてもらい
感謝の気持ちで最初の総会に臨んだ。沿線の都府県には静岡の立場を理解してもらっていると感じた。
今後はより具体的に水資源や生態系の問題について
伝えていきたい」と述べました。