静岡県に熱中症警戒アラート お年寄りや子どもは特に注意を

9日の県内は午前中から気温が上がっていて、熱中症の危険性が極めて高くなると予想されています。
気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを出し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。

気象台によりますと、9日の県内は高気圧に覆われ、午前中から気温が上昇しています。
午前11時40分までの最高気温は、静岡市清水で34度、静岡市で33.4度、三島市と東伊豆町稲取で33.2度、松崎町で32.5度などと多くの観測地点で真夏日となっています。
日中の最高気温は、静岡市、浜松市、三島市で34度、熱海市網代で33度、御前崎市で32度、石廊崎で31度と予想されています。
気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。
外出をなるべく避けることや、室内をエアコンなどで涼しくして過ごすこと、運動する場合は、医師や看護師を配置するなどの対策を取り、涼しい屋内で行うよう呼びかけています。
環境省が公開している「暑さ指数」も確認し、熱中症を予防する行動を取ってください。
お年寄りや小さな子どもは特に注意が必要です。