リニア工事 川勝知事が大井川上流部のダム視察

リニア中央新幹線の工事を巡り、県外に流出する水量を大井川に戻す方法としてJR東海が水力発電用の取水を抑制する案を示している、大井川上流部のダムを川勝知事が視察しました。

川勝知事は8日、リニア中央新幹線による大井川の水資源などへの影響や対策を確認するため、静岡市葵区の大井川の上流にある、工事で出る残土の置き場や田代ダムを視察しました。
田代ダムは、東京電力の関連会社が管理し、水力発電のために大井川から取水していますが、JR東海は、いわゆる水の「全量戻し」の方法の1つとして、工事で県外に流出する水量を計測し、同じ量の取水を抑制する案を県の専門部会で示しています。
川勝知事は、現場でJR東海の担当者からダム周辺の水質調査の観測方法について聞き取ったり、県の担当者からダムの設備や取水量などについて説明を受けたりしていました。
視察のあと、川勝知事は「田代ダムの水を見て、これが住民に戻ってくるなら本当にありがたいと感じた。JR東海には、地域貢献のために発案者として責任をもって実現してほしい」と述べた一方で、「これで全量戻しになるわけではない」と述べ、改めて不十分であるという認識を示しました。
また、JR東海の宇野護副社長は「県を始め、地元の方々が全量戻しについて懸念を抱いている。県の専門部会でさまざまな意見をいただいたので、お応えできるよう対処していきたい」と話していました。