吉田町 園児らの列に乗用車接触 園児2人と教諭1人軽傷

20日午前、吉田町で道路脇を歩いていた幼稚園児らと引率する教諭の列に乗用車が接触する事故があり、園児2人と教諭のあわせて3人が軽いけがをしました。

20日午前8時すぎ、吉田町片岡の交差点付近で、道路の路側帯を歩いていた登園中の幼稚園児6人と引率する男性教諭の列に、交差点を右折してきた乗用車が接触しました。
乗用車は園児らをかばおうとした男性教諭に接触し、そのはずみで後ろにいた女の子2人が転んで、あわせて3人が手の甲やひじにすり傷などの軽いけがをしたということです。
警察によりますと、事故当時、園児らは教諭に引率され幅約1メートルの路側帯を2列になって南に歩いていたということです。
また、車を運転していた40代の男性は「子どもの列にぶつかってしまった」とみずから警察に通報したということです。
現場は吉田町役場から1キロ余り南東の県道と町道が交わる信号機のある交差点の近くで、警察は運転していた男性から話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べています。