リニア中央新幹線 JR東海が県民から意見募集

静岡県が着工を認めていないリニア中央新幹線について、建設を進めるJR東海は、県との協議にいかすため県民から意見の募集を始めました。

JR東海が建設を進めるリニア中央新幹線について、静岡県はトンネル工事で大井川の水量が減ることや環境への影響に懸念があるとして、県内での着工を認めていません。
ただ、沿線自治体で作る「リニア中央新幹線建設促進期成同盟会」に加盟を申し入れるなど、現在のルートのまま工事を進めることを前提に、県の専門部会や国の有識者会議で議論を続ける姿勢を示しています。
こうした中、JR東海は13日からリニア中央新幹線の整備に関して県民からの意見募集を始めました。
意見の募集は、JR東海の公式ホームページからの電子メールや静岡工事事務所への電話で受け付けていて、寄せられた意見は、県との協議や大井川流域住民への説明に生かすということです。
また、今回の募集に合わせ、大井川の水資源への影響について議論された国の有識者会議の中間報告や、県が求める水の「全量戻し」について上流の田代ダムの取水を制限して大井川の水を戻すJRの案など県との協議内容をまとめた冊子も作成し、流域自治体の11の駅で配布するということです。