いじめ経験を持つお笑いグループ芸人が静岡市内の学校で講演

いじめ経験を持つお笑いグループ芸人が静岡市内の学校で講演

学生時代にいじめを受けた経験を持つお笑いグループ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんが静岡市内の学校で講演し、「もし人を傷つけるようなことをしていたら絶対にやめてほしい」と呼びかけました。

静岡市葵区にある常葉大学付属の中学校と高校には、テレビなどで活躍するお笑いグループ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんが招かれ、子どものころ受けたいじめについて全校生徒約1200人を前に講演しました。
斉藤さんは小学3年生から中学生までの間いじめを受け、クラスで1人だけ仲間はずれにされたり、彫刻刀で背中を刺されたりしたということです。
教員がいじめに加担したこともあったということで、「実際に父親のベルトで首をつって死のうとしたこともあった。いつも死ぬことばかりを考えていた」と当時の心境を話しました。
その上で斉藤さんは、「もし人を傷つけるようなことをしていたら絶対にやめてほしい。いじめられた側は一生忘れない」と生徒に語りかけました。
講演を聞いた中学3年生の女子生徒は、「自分の周りにいじめを受けている人がいたら救いの手を差し伸べられるようにしたいです」と話していました。
高校3年生の男子生徒は、「自分ではいじめと思っていないことでも相手の気持ちになって行動したいです」と話していました。