関東甲信 29日未明にかけて局地的に非常に激しい雨のおそれ

前線や低気圧の接近に伴い、関東甲信では大気の状態が非常に不安定になっていて、29日未明にかけて局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、九州南部付近にある前線を伴った低気圧が発達しながら太平洋側を東へ進み、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
このため、関東甲信では、大気の状態が非常に不安定になっていて、29日未明にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。
29日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで関東南部で200ミリ、甲信で180ミリ、関東北部で150ミリ、伊豆諸島で120ミリと予想されています。
28日夜から29日の明け方にかけては低気圧の接近に伴って非常に強い風が吹く見込みで、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルと予想されています。
また、海上では波も高くなり、29日にかけてうねりを伴ってしける見込みです。
気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波に十分注意するよう呼びかけています。
落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意し、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物の中に移動するなど、安全の確保に努めるようにしてください。
一方、フィリピンの東にある強い台風1号は発達しながら北東へ進み、今月31日には伊豆諸島近海に接近する見込みで、周辺ではしけとなるおそれがあるため最新の情報に注意してください。