新一万円札発行100日前 渋沢栄一の出身地でイベント 深谷

新しいデザインの紙幣が発行される7月3日まで、25日で100日となりました。
新一万円札に描かれる渋沢栄一の出身地、埼玉県深谷市では記念のイベントが開かれました。

ことし7月3日に発行される新しい一万円札には「近代日本経済の父」と呼ばれる実業家でいまの深谷市出身の渋沢栄一の肖像がデザインされています。
新紙幣の発行までちょうど100日となる25日、深谷市役所で開かれた記念のイベントには多くの市民が集まり、小島進市長が「100日はあっという間だと思いますが、ここからギアチェンジして深谷市を盛り上げたい」とあいさつしました。
会場には市のコンテストで認定された渋沢栄一の「そっくりさん」も参加し、くす玉を割って100日前を祝っていました。
また、幕末に渋沢栄一がフランスを訪れた際にコーヒーを飲んだ記録にちなんで訪れた人たちがコーヒー豆をすくって100グラムの量を当てるコーナーも設けられていました。
深谷市では、新紙幣の発行にあわせて祝賀パレードなども計画されています。
訪れた40代の女性は「いよいよという感じでうれしいです。最初の一万円札が手に入ったら使わずに取っておこうと思います」と話していました。