県内 インフルエンザ患者数は増加傾向 対策の徹底を

県内 インフルエンザ患者数は増加傾向 対策の徹底を

埼玉県内のインフルエンザの患者数は1医療機関あたり19.69人と前の週よりも増加し、県は、流行が継続しているとして手洗いやうがいの徹底を呼びかけています。

県によりますと、今月15日までの1週間に、県内260の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は5119人で、1医療機関あたり19.69人となりました。
前の週と比べて3.61人増えていて、県が先月20日に9月としては異例の「流行注意報」を出して以降、増加傾向が続いています。
埼玉県は「新型コロナは感染者が減少している一方、インフルエンザの感染は増えている。双方の対策は共通しているので、手洗い、換気などを徹底し、体調が悪いときは外出を控えてほしい。インフルエンザの予防接種も始まっているので早めに打ってほしい」と話しています。