飯能の住宅敷地で男女3人殴られ死亡か 男が逃走か

25日午前7時すぎ、埼玉県飯能市の住宅の敷地で男女3人の遺体が見つかり、警察は殴られたような痕があることから殺人事件として捜査しています。
現場からはハンマーのようなものを持った男が逃走したという情報もあり、警察が行方を追っています。

警察によりますと、25日午前7時すぎ、埼玉県飯能市美杉台の住宅で「口論をしている」といった通報が複数寄せられました。
警察が現場に駆けつけたところ、住宅の敷地内の屋外で男性1人と女性2人が倒れているのが見つかり、いずれも死亡が確認されました。
3人は頭や首など上半身に鈍器で殴られたような痕があったということです。
この住宅には60代の夫婦が暮らしていて、事件のあと夫婦とその娘の3人と連絡が取れていないということで、警察が身元の確認を進めています。
このほか、現場の住宅では1階と2階が焼ける火事も起きていましたが、消し止められました。
現場からは「ハンマーのような鈍器を持った男が逃走している」という目撃情報も寄せられていて、男は黒っぽい色の服装に、黒のマスクをつけ、ショルダーバッグを持っていたということです。
警察は殺人事件として男の行方を捜査しています。
また、捜査関係者や近所の住民によりますと、現場の住宅では1年ほど前に車が傷つけられる被害があり、器物損壊事件として警察が対応していたということです。
現場は西武池袋線の飯能駅から南西に1.5キロほどはなれた住宅街です。

事件は、警察への通報で発覚しました。
25日午前7時10分ごろ、現場近くの住民から「大声を出して騒いでいる」とか「口論をしている」、「建物の2階から火が出ている」などといった通報が相次いで寄せられました。
およそ20分後の午前7時半ごろに警察が現場に到着すると、住宅の敷地に男女3人が倒れていて、死亡が確認されたということです。
住宅からは逃げる男の姿が目撃されていて、警察は現場の状況などから殺人事件として男の行方を捜査しています。

近くに住む女性は「朝8時ごろに火事だと聞いて見に行ったが、煙が上がっておらず、ぼやだと言われ帰ってきた。住宅に住む夫婦は4、5年ほど前に引っ越してきた。旦那さんは通りかかったら、あいさつしてくれる穏やかそうな人です」と話していました。
また、近くに住む別の80代の女性は「けさは、近くの住民が騒いでいたので何かあったかなと思ったが、事件だとは思わなかった。1年ほど前に車上荒らしがあったが、それ以外は静かな住宅街なので、こんなことが起きてとても怖い」と話していました。
現場の近くをよく散歩で通るという70代の男性は「ふだんは静かな地域なのに、年末年始の時期にこのようなことが起きて怖いです。小さな子どもがいる家庭は心配だと思いますし、戸締まりが必要だと思います」と話していました。
近所に住む60代の男性は「以前、事件があった家の近くを通りがかったときにパトカーが止まっていたので見に行くと、車のボディにひどい傷がついていました。ナイフやドライバーか何かで深くえぐられたような傷が車の側面や後ろ、それにフロントまで、全面につけられていました」と話していました。

埼玉県飯能市は、事件のあと凶器を持った男が逃走しているという情報があることから、防災無線で「玄関や窓を確実に施錠し、外出を控えてください。不審者を見かけた際は直ちに飯能警察署へ通報してください」と注意を呼びかけていました。