「秩父ミューズパーク」でイチョウ並木が見頃 埼玉

埼玉県の秩父地方の丘陵地にある公園で、およそ500本のイチョウ並木が黄色く色づき、見頃を迎えています。

秩父市と小鹿野町にまたがる丘陵地にある「秩父ミューズパーク」の遊歩道には、3キロにわたっておよそ500本のイチョウが植えられています。
公園の管理事務所によりますと、ことしは例年より1週間ほど早い今月12日頃から葉が黄色くなり始め、いま見頃を迎えているということです。
公園には平日も多くの人が訪れ、色づいたイチョウ並木を写真に収めたり、散策を楽しんだりしています。
東京・練馬区から訪れた30代の男性は「すごくきれいに色づいていてテンションがあがりました」と話していました。
東京・青梅市の60代の女性は「急に気温が下がり寒さを感じていましたが、イチョウ並木がきれいで秋を堪能しています」と話していました。
「秩父ミューズパーク」のイチョウ並木は、来月上旬まで楽しめるということです。