台風14号 20日朝にかけ埼玉県に最接近へ 大雨のおそれ

台風14号は20日朝にかけて埼玉県に最も接近する見込みで、断続的に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに十分注意するとともに、落雷や激しい突風、強風に注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと、大型の台風14号は20日にかけて本州付近を北東に進み、埼玉県には20日未明から朝に最も接近する見込みです。
台風に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいて、所沢市では午前9時半過ぎまでの1時間に25.5ミリの強い雨が観測されました。
18日の降り始めから19日午後4時までに降った雨の量は所沢市で133.5ミリ、越谷市で130ミリ、飯能市で116.5ミリなどとなっています。
20日にかけて断続的に雷を伴った激しい雨となる見込みで、多いところでは1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあり、警報級の大雨となる可能性があります。
20日夕方までの24時間に降る雨の量は多いところで100ミリと予想されていて、その後も雨の量は増える見通しです。
また、20日にかけて風も強まり、予想される最大風速は、南部と北部で12メートル、秩父地方で10メートルとなっていて、最大瞬間風速は南部と北部で25メートル秩父地方で20メートルと予想されています。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、強風に注意するよう呼びかけています。