県内 夕方に発達した雨雲 春日部で非常に激しい雨

前線や湿った空気の影響で埼玉県内では夕方になって発達した雨雲が流れ込み、春日部市では非常に激しい雨が降りました。
南部ではこのあと数時間激しい雨が降るおそれがあり、気象台は低い土地の浸水や川の増水に警戒するよう呼びかけています。

気象台によりますと、前線や湿った空気の影響で埼玉県内は大気の状態が非常に不安定になっていて、夕方から発達した雨雲が流れ込んでいます。
午後6時までの1時間には、埼玉県が春日部市に設置した雨量計で65ミリの非常に激しい雨を観測しました。
南部ではこのあと数時間局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあり、2日の夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部で80ミリ、北部と秩父地方で60ミリと予想されています。
気象台は、低い土地の浸水や川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意するよう呼びかけています。

この雨で埼玉県春日部市では東武野田線の「藤の牛島駅」の近くにある地下通路が水につかり通れなくなっています。
また、春日部市によりますと、市内ではアンダーパスをはじめ複数の道路が水に浸かりましたがけが人はいないということです。