留置施設の弁当を勝手に食べたか 警部補を減給処分 埼玉県警

埼玉県警察本部の50歳の警部補が、身柄を拘束されている容疑者などに用意された予備の弁当を勝手に食べるなどしたとして、減給の懲戒処分を受けました。

懲戒処分を受けたのは、埼玉県警察本部の留置管理課に所属する50歳の男性警部補です。
警察によりますと、この警部補は平成29年11月からことし4月にかけて、さいたま市中央区にある留置施設で、収容されている容疑者などに用意された予備の弁当あわせて数百食を勝手に食べたということです。
余った弁当は廃棄されることになっていますが、警部補は調べに対して「もったいないので食べた」と話しているということです。
また、警部補は、留置されている扉の鍵を開けて容疑者などと談笑したり、持ち込みが禁止されているスマートフォンを休憩時間に建物の倉庫で操作したりしていたということです。
このほか、部下の妻の手作り弁当を見て、「ゴミみたいな弁当だな」などとパワハラに当たる発言をしたということで、警察は不適切な行為だったとして25日付けで6か月間1割を減給する懲戒処分にしました。
これに対して警部補は「組織に迷惑をかけてしまった」と話し、25日付けで依願退職したということです。
埼玉県警察本部の荻野長武首席監察官は「県民の信頼を損ねる行為で遺憾です。業務管理と指導を徹底して再発防止に努めます」というコメントを出しました。