埼玉県 新型コロナ 12人死亡 5940人感染

埼玉県 新型コロナ 12人死亡 5940人感染

埼玉県内では、16日新たに5940人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表されました。
前の週の火曜日と比べると1100人余り減っていて、10日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

16日の発表の内訳は、埼玉県が3239人、さいたま市が1607人、川口市が522人、川越市が365人、越谷市が207人となっています。
これで県内で感染が発表された人は、累計で93万1097人となりました。
県によりますと、新たに高齢者施設1か所で複数の感染が確認されました。
また、これまでに集団感染が起きている高齢者施設9か所や医療機関6か所など、あわせて21か所で新たな感染者が確認されました。
このほか、新たに、さいたま市見沼区の高齢者施設で入所者と職員あわせて45人の感染が確認され、さいたま市は感染者の集団=クラスターが発生したとして、感染の状況などを調べています。
一方、県とさいたま市、それに川口市は、新型コロナウイルスに感染した70代から90代までの男女あわせて12人が死亡したと発表しました。
このうち、さいたま市は、80代の男性について、血液中の酸素の値が下がったため今月7日から入院先の調整をしたものの入院できないまま3日後に死亡したと発表しました。
これについてさいたま市は、「入院先の調整がつかなかったのは医療機関がひっ迫していたのがひとつの要因と思われる」としています。
県内で亡くなった人は累計で1839人となりました。