関東甲信 16日は各地猛烈な暑さ 埼玉・群馬で40度近くに

15日も各地で気温が上がり、関東南部や甲信では35度以上の猛暑日に迫る厳しい暑さとなりました。
16日は各地で猛烈な暑さとなる見込みで、埼玉県と群馬県では最高気温が40度近くと危険な暑さが予想されるなど、熱中症に厳重な警戒が必要です。

関東甲信は高気圧に覆われて晴れ、15日も各地で厳しい暑さとなりました。
最高気温は、甲府市で34.8度、神奈川県海老名市と千葉県市原市の牛久で34.4度、さいたま市で34.3度、東京の都心と群馬県伊勢崎市で34度ちょうど、栃木県佐野市で33.7度、茨城県古河市で33度ちょうど、長野県飯田市で32.6度などとなりました。
16日の朝にかけても気温が高く、各地で25度を下回らない熱帯夜が予想されているほか、16日の日中はさらに気温が上がり、最高気温が40度近くと危険な暑さになるところもある見込みです。
16日の日中の最高気温は、埼玉県熊谷市と前橋市で39度、さいたま市と宇都宮市で38度などと危険な暑さが見込まれるほか、水戸市で37度、東京の都心と甲府市で36度、長野市と神奈川県小田原市で35度、横浜市と千葉市で34度などと予想されています。
また、東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。
夜の時間帯も引き続き我慢せずにエアコンを適切に使用し、寝る際は枕元に水を置いてこまめに水分を補給するよう心がけてください。
そして、16日の日中は、外出をなるべく避け、特別な場合以外は運動を行わないほか、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなどよりいっそうの熱中症対策を心がけてください。