台風8号 埼玉県 13日に接近か 南部中心に警報級の大雨も

台風第8号は、13日午後に埼玉県にかなり近づくおそれがあり、南部を中心に警報級の大雨となる可能性があります。
気象台は土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

熊谷地方気象台によりますと、12日午前発生した台風8号は、13日土曜日には埼玉県にかなり近づくおそれがあります。
台風の影響で県内は大気の状態が非常に不安定になり13日から14日にかけて、多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降ると予想されていて警報級の大雨となる可能性があります。
13日昼から14日昼までの24時間に降る雨の量は多い所で50から100ミリと予想されています。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに十分注意するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。
一方、県内は12日も各地で気温が上がり午前11時半までの最高気温は、熊谷市と鳩山町で34.7度と猛暑日に迫っているほか、久喜市で33.6度、さいたま市で32.8度などと厳しい暑さが続いています。
日中の最高気温は熊谷市とさいたま市で34度、秩父市で33度と予想され、埼玉県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。
こまめに水分を補給し、我慢せず適切に冷房を使うなど、引き続き熱中症に十分な注意が必要です。