期日前投票に訪れた親子に啓発グッズ 吉川市

子どものうちから選挙を身近に感じてもらおうと、埼玉県吉川市は参議院選挙の期日前投票に訪れた親子に、啓発グッズを配っています。

吉川市選挙管理委員会が配っているのは、マンガで選挙の仕組みや投票の大切さを解説したパンフレットと、市のイメージキャラクター「なまりん」が描かれたバッジです。
吉川市では、18歳と19歳の投票率が低い傾向だということで、親子に啓発グッズを配り、子どものうちから選挙を身近に感じてもらおうというのが狙いです。
1歳の女の子を連れて市役所で期日前投票をした30代の父親は「小さいうちから選挙に関心を持つのはいいことだと思います」と話していました。
吉川市選挙管理委員会の互井満書記長は「平成28年の国の調査では、子どもの頃に家族で投票所を訪れた人は、そうでない人より投票する割合が高い傾向があり、今回の取り組みをしました。大人になったらぜひ投票にいってほしい」と話していました。
選挙管理委員会では今月10日の投票日も、投票所でグッズを配ることにしています。