各地で真夏日 さいたま32.2度 21日も熱中症に十分注意

関東甲信は広い範囲で南から暖かく湿った空気が流れ込み、20日も各地で真夏日となりました。
21日も内陸を中心に気温が上がり、蒸し暑い状態が続く見込みで、熱中症に十分注意してください。

気象庁によりますと、20日の関東甲信は広い範囲で南から暖かく湿った空気が流れ込み、気温が上がりました。
最高気温は、前橋市で33.7度、さいたま市で32.2度、甲府市で31.5度、宇都宮市で31.4度、東京の都心で30.3度などと各地で真夏日となったほか、横浜市で29.9度、千葉市で27.3度などと各地で6月下旬から8月上旬並みの暑さとなりました。
21日は広い範囲で曇りとなるため、真夏日になるところは20日よりも少ない予想ですが、長野市や前橋市で最高気温が30度などと内陸を中心に高く、蒸し暑くなると予想されています。
この時期は体が暑さに慣れていないため、こまめに水分を補給したりエアコンを利用したりするなど熱中症に十分注意してください。