母親殺害容疑 51歳次男を逮捕

13日、埼玉県杉戸町の住宅で85歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、同居する51歳の次男が女性の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、杉戸町の会社員、杉岡洋二容疑者(51)です。
警察によりますと、杉岡容疑者は今月8日ごろ、自宅に同居する母親の敏子さん(85)の首を絞めて殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。
杉岡容疑者は敏子さんと2人暮らしでしたが、13日午後1時ごろ、杉岡容疑者が近くの警察署に「母親を殺した」と電話し、その後かけつけた警察官が、居間のソファでうつぶせに倒れている敏子さんの遺体を見つけたということです。
敏子さんの遺体には首に絞められたような痕があったことから事情を聴いたところ、杉岡容疑者が「母親の首を絞めて殺してしまった」と容疑を認めたということです。
警察は今後、杉岡容疑者が敏子さんを殺害した動機や、通報に至るまでのいきさつについても、詳しく調べることにしています。