時効27時間前に暴行容疑者逮捕

10年前、埼玉県川口市で当時、10代の女性が性的暴行される事件があり、警察は時効がおよそ27時間後に迫った13日夜、37歳の男を逮捕しました。
調べに対し、「記憶にない」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、埼玉県川口市の会社役員、野澤徹容疑者(37)です。
警察によりますと、野澤容疑者は10年前の平成20年6月14日の深夜から15日の未明にかけて、川口市の住宅街で当時10代の女性に「大声を出したら刺すぞ」などと脅したうえで、公園などに連れ込み、性的暴行をした疑いがもたれています。
この事件は15日午前0時に時効を迎える予定でしたが、警察は現場に残された遺留物などから野澤容疑者が関わった疑いがあるとして、指名手配をして捜査を進めていました。
そして、14日夜、川口市内の知人のマンションで野澤容疑者を見つけ、時効がおよそ27時間後に迫った13日午後8時すぎに逮捕しました。
調べに対し、「記憶にない」と供述し、容疑を否認しているということです。
野澤容疑者と女性に面識はなかったということで、警察が詳しいいきさつを調べています。