うその電話で詐欺 小城の50代男性 4600万円余の被害

小城市の50代の男性が、警察官や検事を名乗る男らからのうその電話を信じて、現金4600万円余りをだまし取られました。
警察は、詐欺事件として捜査するとともに、警察官や弁護士などをかたって、現金や通帳をだましとる詐欺に注意するよう呼びかけています。

警察によりますと、先月4日ごろ、小城市の50代の男性の携帯電話に、警察官を名乗る男から「逮捕した詐欺事件の主犯格があなた名義の通帳を作っていて、詐欺で得たお金を振り込んだと自供している」などと電話があったということです。

さらに、先月中旬には、検事を名乗る男から電話で「あなたが持っているお金が犯罪に使われたものかどうか調べる」、「あなたの通帳のお金を振り込んでもらいたい」などと指示され、男性は現金あわせて4600万円余りを指定された口座に振り込んだということです。

男性は、男から「あなたの身の潔白が証明されたので、近々警察官がお礼に行く。返金もする」などと言われたにもかかわらず、その後、数日たっても家を訪ねて来ないことから不審に思い、警察に通報したということです。

警察は、詐欺事件として捜査するとともに、警察官や弁護士、それに国の機関や金融機関の職員をかたり、現金や通帳、キャッシュカードをだまし取る詐欺に注意するよう呼びかけています。