住居侵入などの容疑で逮捕の県職員 不起訴に

先月、小城市の住宅の敷地内に洗濯物を盗む目的で無断で立ち入ったとして逮捕された30代の佐賀県職員について、佐賀区検察庁は15日付けで不起訴にしました。

杵藤土木事務所に所属する30代の佐賀県職員は先月、小城市の住宅の敷地内に洗濯物を盗む目的で無断で立ち入ったなどとして住居侵入などの疑いで逮捕・送検されました。

佐賀区検察庁はこの職員について、15日付けで不起訴としました。

検察は不起訴の理由について明らかにしていません。