佐賀銀行や県など 中小企業の脱炭素取り組み支援へ新組織設立

佐賀銀行や佐賀県などは、中小企業の脱炭素への取り組みを支援する新たな組織を設立し、環境に配慮した企業経営を後押しすることにしています。

新たに設立されたのは中小企業の脱炭素経営を支援する「SAGA ネットゼロ・コンソーシアム」です。

14日は設立に関わった佐賀銀行と佐賀県、それに九州地方環境事務所の3者の代表が出席して佐賀市で発足式が開かれました。

この中で、佐賀銀行の鵜池徹営業統括本部長は「持続可能な未来を目指し地域の企業や経済を支えるプラットフォームに育てていきたい」とあいさつしました。

新たな組織では中小企業が脱炭素経営に取り組む上でのニーズや実態を把握し、具体策の助言や啓発活動などを行っていくとしています。

また他の金融機関や県内の市町にも参加を呼びかけて、地域ぐるみで企業の脱炭素経営を支援できる体制づくりを進めるとしています。

国は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を目指していますが、中小企業では大手企業に比べて取り組みが遅れているとされていて、温室効果ガスの排出量が少ないエネルギーへの転換などをどう進めるかが課題となっています。