佐賀市の中学校の給食でも金属片が混入 体調不良訴えなし

8日、佐賀市の中学校で給食の一部に金属片が混入しているのが見つかりました。
これまでに体調不良を訴えた人はいないということです。

佐賀市教育委員会によりますと、8日、市立鍋島中学校で、給食として提供された「いかナゲット」から縦およそ3ミリ、横およそ5ミリの金属片が2つ見つかりました。

1年生の生徒と教員がいかナゲットを食べたときに、それぞれ口の中に固いものがあることに気づいたということです。

給食を作った市の給食センターは8日、市内の9つの中学校に合わせておよそ2000食を届けましたが、これまでに体調不良を訴えた人はいないということです。

佐賀市教育委員会は原因は調査中としたうえで、「ご迷惑、ご心配をおかけし申し訳ございません。原因究明を急ぐとともに、同様の事案が再び起こらないよう、対策に努めてまいります」とコメントしています。

県によりますと、県内では先月、基山町と江北町、それに唐津市で給食に金属片が混入しているのが見つかっています。