久光スプリングス体育館を市民にも 鳥栖市が3000万円補助

鳥栖市は、バレーボール女子・久光スプリングスの新たな練習拠点となる体育館を市民にも広く活用してもらえる施設にするためチームの運営会社に対し3000万円を補助する方針です。

鳥栖市によりますと久光スプリングスの新たな練習拠点となる体育館、「サロンパスアリーナ」は鳥栖駅近くの市有地に建設中で、チームの練習場となるメインアリーナのほか、一般の市民も利用できるサブアリーナなどが設けられることになっています、

アリーナは3月中に完成し、今年の夏ごろから市民の利用ができるようになるということです。

鳥栖市はチームの運営会社がアリーナを市民に開放する施設にするとともに市民とプロスポーツチームとの交流を図る事業を行ってもらうために年間3000万円を補助する方針で、3月1日、開会する市議会に予算案を提案します。

鳥栖市では「市民がアリーナをより安価な料金で利用できるようにすることや市民とスプリングスの選手たちとの交流を深める場を設けてもらいたい」としています。