武雄市が省エネ家電買い替えに補助金 エアコンなど8種類

エネルギー価格の高騰を受けて、武雄市は省エネ性能の高い家電製品に買い替えた場合、最大1万円を補助するという政策を始めることになりました。

武雄市によりますと、補助の対象となるのは、資源エネルギー庁が定めた省エネの基準を達成している冷蔵庫、エアコン、テレビ、電子レンジなど8種類の家電製品です。

1世帯当たり1件・1万円を上限に購入費用の半額まで補助し、300世帯の申請を見込んでいます。

このほか、市内の消費を喚起しようと、すべての市民に1人あたり3000円分の「応援券」を配るということです。

2つの事業費の合計は1億8262万円余りで、財源には新型コロナの交付金を活用するとしています。

小松政市長は会見で「エネルギー価格が高騰しても、しっかりと安心して暮らせるライフスタイルへの転換を進める必要がある」と述べました。

武雄市はこうした費用を盛り込んだ総額4億円余りの補正予算案を、今月17日に開会する定例市議会に提出することにしています。